潜在的看護師

現在、看護師の転職については看護師専門の求人サイトも充実しており、勤務形態を選択しながら仕事を続けることができますが、過去に出産や介護を理由に看護師の職を離れてしまった人たちにも、復帰の道が開かれています。全国の看護師不足を補うためには、このような潜在看護師の力を活かしていく必要があるのです。実際、やむを得ず離職した看護師の多くは職場復帰を望んでいます。その一方、ブランクの期間の職場の進歩に不安を感じているのです。そこで、各都道府県の看護協会では、潜在看護師を職場復帰させるべく研修をスタートさせています。

また、看護師専用の人材紹介サービスの中には、医師や現役看護師のもとで、実際に研修を受けられるセミナーを開催したり、求職者の状況にあわせて託児所付きの医療機関を紹介してくれたりするなど、看護師として再就職したい人を全面的にバックアップする体制をとっているところもあります。やむを得ず職場を離れた期間があったとしても、その間に子育てや介護を通して育んできた人としての経験が、まちがいなく看護の仕事に活かされるはずです。特に不安を抱える患者にとって、人生経験の豊かな看護師から与えられる安心感はとても大切なものです。今後、高齢化がさらに進み、医療機関だけでなく、在宅訪問の医療サービスの需要が高まっていくと見られます。今後増々看護師の需要が高まる中、潜在看護師の活躍に大きな期待が寄せられています。

看護師の働く場所

看護師が活躍する職場は病院だけではありません。看護師の資格を活かして、働ける職場は他にもあります。例えば公務員として地方自治体が運営する保健所や事業所で働く方法があります。民間企業に設置される医務室のスタッフとして働くこともできます。また医療品・医薬機器メーカーに勤務して、看護師としての技術を活かして、製品のデモンストレーションを行ったりすることもできます。治験コーディネーターといって新薬開発に伴い、製薬買会社・医療機関と被験者の間を取りもって調整を行う仕事なども看護師の資格が活かせる仕事です。

このように、病院で医師のサポートをする業務以外にも看護師の資格を活かして働くことのできる業務は様々あります。看護師の技術だけでなく、語学やPCのスキル、その職場に必要な技術も必要となりますが、夜勤や残業、休日勤務が殆どない上に、公務員や一般企業の社員と同等の給料を手にすることができるという魅力があります。ただし、これらの業務に関しては、求人情報がネット上に豊富にあるわけではないので、転職サイトをチェックするだけではなく、専門のコンサルタントに相談するのが良いでしょう。これまでの、看護師イコール医師のサポートという枠組みから飛び出すことによって、自分のライフスタイルに無理のない勤務形態を手に入れることができるかも知れません。そのことによって資格を活かしたキャリアを継続することができます。

退職せずに転職する

病院に勤める看護師の中には退職しないまでも、現状に不満や困難を抱え、できれば転職したいと願う人が多くいます。多忙な勤務状況に給料が見合っていないのではないかという不満をはじめ、残業や休日出勤を減らしたい、勤務スケジュールを変えて家事や育児と両立したい、子供の保育園の送迎や、家族の介護の都合で勤務地を変えたいといった場合もあります。さらに、子育てのため、正社員からパートに転換を希望する人や、逆に子育てがひと段落したので、再び正社員に復帰したい人もいます。看護師は女性が占める割合が高いために、ライフスタイルの変化に応じて働き方を変えたいと希望する人がきわめて多いのです。

その他にも、今の職場の人間関係にストレスを感じている、同じ職場で飽きてしまった、希望と違う場所に配属されてしまい仕事にやりがいを感じることができない、などの理由で転職を希望する人もいます。一昔前と違って、現在ではインターネット上に看護師の求人サイトが数多く存在しますから、現状に不満があるとしても、求人サイトで自分にあった条件の職場を探して、転職を果たせば、看護師の仕事を辞める必要はありません。医療の世界は日進月歩ですから、一度職を離れるとその後復帰したいと希望しても、現実には復職が難しくなります。求人情報からさまざまな勤務形態を探し出し、ライフスタイルに合わせた条件で勤務を継続することができれば、個人のキャリアを諦める必要がないばかりでなく、国家としても看護師不足を解消することができるでしょう。

看護師の現状

最近では、看護師の外国人登用の話題などを通じて、看護師不足の現状が知られることとなりましたが、実は看護師という職業が登場した当初から、常に不足状況は続いています。これに対して国は対策を講じ、2006年の診療報酬改定で新看護基準を設けました。患者7人に対して、看護師7人を確保した医療機関には高い診療報酬を払うことにしたのです。このことにより各医療機関は看護師確保に積極的に乗り出しましたが、都市部の大病院などを別として、地方の病院や規模の小さい病院は看護師の必要数を確保できず、ベッド数を減らすなどの苦肉の策で経営を維持せざるを得ない状況です。

では、なぜ看護師不足がなかなか解消できないのでしょうか。実際看護師は人気の職種で、看護学校や、看護大学の入学希望者は大勢います。しかし、看護資格を得て、働きはじめた後の離職率が高いのです。その理由は勤務条件の厳しさにあります。夜勤があったり、患者の状況次第で勤務時間が延長されたり、休暇が取りづらかったりします。あまりの激務に折角就職した病院を早々に辞めてしまう若い看護師も少なくありません。さらに結婚して出産すると、このような勤務条件では、家庭生活との両立が困難で、出産後の復帰が難しくなります。また、医療技術は日々進歩していることから、ブランクが長くなればなるほど、復帰は現実から遠のいていきます。このように勤務条件を理由に離職してしまう看護師をいかに減らしていくか、そして一度離職してしまった有資格の潜在看護師たちをどのように復帰させていけるかが、今後の看護師不足解消の鍵となるでしょう。