退職せずに転職する

病院に勤める看護師の中には退職しないまでも、現状に不満や困難を抱え、できれば転職したいと願う人が多くいます。多忙な勤務状況に給料が見合っていないのではないかという不満をはじめ、残業や休日出勤を減らしたい、勤務スケジュールを変えて家事や育児と両立したい、子供の保育園の送迎や、家族の介護の都合で勤務地を変えたいといった場合もあります。さらに、子育てのため、正社員からパートに転換を希望する人や、逆に子育てがひと段落したので、再び正社員に復帰したい人もいます。看護師は女性が占める割合が高いために、ライフスタイルの変化に応じて働き方を変えたいと希望する人がきわめて多いのです。

その他にも、今の職場の人間関係にストレスを感じている、同じ職場で飽きてしまった、希望と違う場所に配属されてしまい仕事にやりがいを感じることができない、などの理由で転職を希望する人もいます。一昔前と違って、現在ではインターネット上に看護師の求人サイトが数多く存在しますから、現状に不満があるとしても、求人サイトで自分にあった条件の職場を探して、転職を果たせば、看護師の仕事を辞める必要はありません。医療の世界は日進月歩ですから、一度職を離れるとその後復帰したいと希望しても、現実には復職が難しくなります。求人情報からさまざまな勤務形態を探し出し、ライフスタイルに合わせた条件で勤務を継続することができれば、個人のキャリアを諦める必要がないばかりでなく、国家としても看護師不足を解消することができるでしょう。