潜在的看護師

現在、看護師の転職については看護師専門の求人サイトも充実しており、勤務形態を選択しながら仕事を続けることができますが、過去に出産や介護を理由に看護師の職を離れてしまった人たちにも、復帰の道が開かれています。全国の看護師不足を補うためには、このような潜在看護師の力を活かしていく必要があるのです。実際、やむを得ず離職した看護師の多くは職場復帰を望んでいます。その一方、ブランクの期間の職場の進歩に不安を感じているのです。そこで、各都道府県の看護協会では、潜在看護師を職場復帰させるべく研修をスタートさせています。

また、看護師専用の人材紹介サービスの中には、医師や現役看護師のもとで、実際に研修を受けられるセミナーを開催したり、求職者の状況にあわせて託児所付きの医療機関を紹介してくれたりするなど、看護師として再就職したい人を全面的にバックアップする体制をとっているところもあります。やむを得ず職場を離れた期間があったとしても、その間に子育てや介護を通して育んできた人としての経験が、まちがいなく看護の仕事に活かされるはずです。特に不安を抱える患者にとって、人生経験の豊かな看護師から与えられる安心感はとても大切なものです。今後、高齢化がさらに進み、医療機関だけでなく、在宅訪問の医療サービスの需要が高まっていくと見られます。今後増々看護師の需要が高まる中、潜在看護師の活躍に大きな期待が寄せられています。